ブログ

2014.07.08

脳震盪

朝日新聞電子版の記事から、

脳振盪、甘く見ないで 2度目のショックで死亡例も

 

スポーツをしていて起こす脳振盪(のうしんとう)を甘く見てはいけない。軽い症状だと思って練習を再開すると、頭の中の軽い出血を見逃して、2度目の小さなショックで死に至るケースがある。「セカンドインパクト症候群」などと呼ばれ、医学界は注意を促すとともに現場向けガイドラインの作成を急いでいる。事故が多くなるのは合宿などで厳しい練習をする夏場。現場もいざというときの対応を知っておきたい。

高校1年生だった柔道の女子選手が2002年、夏合宿中に背中から落ち、意識を失って病院に運ばれた。頭蓋(ずがい)骨の内部で出血する急性硬膜下血腫と分かり緊急手術をしたが、寝たきりの状態に。11年後、亡くなった。

「セカンドインパクト症候群」の例だ。この時は背中を打っただけだが、実は数日前に頭を打って頭痛が残り、脳振盪や軽い内出血の疑いがあった。「最終日だから」と練習に誘われ、重大な事故になった。神奈川県立足柄上病院の野地雅人医師によると、転倒して頭を打ったバレーボールやラグビー、柔道の選手など、わかっているだけでも10人ほど同じような事故例があるという。脳の腫れも起きる。

 

ラグビー、ボクシング、アメリカンフットボールなどでマウスガードをつける理由のひとつが脳震盪の予防、特にセカンドインパクトによる死亡をふせぐことです。

 

脳震盪を起こしたり、口をけがする可能性のあるスポーツは多いのですが、日本ではマウスガードを装着しているスポーツ選手は少なく、口の怪我が多いにもかかわらずマウスガードを禁止しているスポーツもあるほどです。

 

指導者の意識が変わってくれればと思います。

2014.06.24

スポーツデンティスト養成講習会

昨年から、日本体育協会が認定するスポーツデンティストという資格取得のための講習会が始まりました。

初年度は受講者50名に対し、応募者が600名以上に上ったため、門前払いされてしまいました。

今年も受講申請を行ったところ、受講内定の通知が届きました。

 

ほっとしました

けれど、今年と来年で計4回、それぞれ2日づつ東京で講習会。

 

しっかり、勉強してきます。

2014.06.18

歯周病菌をのみ込むと腸内細菌が変化する?

読売新聞のWeb版から

怖い歯周病菌、のむと内臓等にダメージ…立証か

 

歯周病の原因となる細菌をのみ込むと腸内細菌が変化して様々な臓器や組織に炎症を起こすことが、新潟大大学院医歯学総合研究科の山崎和久教授(58)のグループの研究で明らかになった。

 歯周病が動脈硬化や糖尿病などのリスクを高めることは知られており、口腔(こうくう)内の衛生管理が全身の健康を保つことを裏付ける研究結果として注目されそうだ。

 これまでは、歯周病になった歯茎などの患部から細菌などが侵入し、全身を循環して血管や脂肪組織、肝臓などに炎症を起こすと考えられていたが、具体的な立証はされてこなかった。

 研究では、歯周病の原因菌の一つをマウスの口に投与したところ、腸内細菌のバランスが崩れ、腸壁の細胞の間に生じた隙間に悪玉菌が侵入した。これによって、悪玉菌の毒素が分解されずに腸から吸収され、血液を通して様々な臓器に広がることが証明された。

 これらの変化は、肥満や糖尿病でみられる特徴と似ているため、歯周病が全身に悪影響を及ぼすことの解明につながる可能性が高いという。

 山崎教授は「早い時期からの口腔管理が、将来的にメタボリックシンドロームなどのリスクを減らすことにつながる。新たな治療法の確立につながってくれれば」と話している。

 

論文を読んでいないので、記事からだけでは本当かどうかわかりませんが、

この通りなら、歯周病治療、口腔衛生管理、歯周病になりにくい歯列(矯正歯科医なので、これが言いたかったので記事を引っ張ってきました)が重要ということになりますね。

2014.04.18

ホームページがスマホ対応に

当院のホームページがスマホ対応になりました。

ピンボケの写真になってますが、こんな感じです。

2014.04.04

沈静化

3月はこれまでになく忙しい1ヶ月でした。

 

矯正相談件数、ブログアクセス件数、ホームページ閲覧者数ともに過去最高。

4月に入ると、すべて激減。

 

夏あたりまでのんびりと過ごしていそうです。

2014.03.17

Wi-Fi使えます

NTT西日本さんから医院向けに提供されているWi-Fiルーターをいただきました。

 

これで、キャリアーによらず待合室でWi-Fiをお使いいただけます。

2014.03.04

広げて、前歯を圧下して、広げながら下あごを前に成長させて・・・

子供の矯正治療を行っていくと、治療が進行するにつれてどんどん顔が変わっていきます。

もちろん、成長による変化もあるのですが、矯正治療の介入によって変化していく部分も大きいです。

治療開始から3年。

その間、上下の歯列を広げ、

前歯を圧下し、

上下の歯列を広げながら下顎の前への成長を促しました。

 

顔を見てみると、

口が閉じにくいため、口をすぼめていたのが、

口をすぼめなくなり、

口を閉じるときにできていたあごの梅干状のしわがなくなりました。

 

まだ治療途中ですが、ここまでよくがんばってくれたなと思います。

2014.02.14

駆け込み? 相談の増加

当院では矯正相談には30分程度の時間枠を設けているので、予約制にしています。

 

予約簿をながめていると消費税増税前だからなのかもしれませんが、先月までに比べて明らかに相談が増えています。

 

実際、装置を3月末までに装着できれば現行税率ですが、4月以降にずれこむと8%課税になります。

 

成人の矯正治療で抜歯ケースの場合、抜歯を大急ぎですれば間に合いますが、現時点での相談がぎりぎりかなと思います。

2014.02.12

学会発表

2月8日、9日は九州矯正歯科学会で沖縄に行ってきました。

約5年ぶりに学会で発表してきました。

 

あいにくの空模様でしたが、最低気温は19℃で、かなり暖かかったです。

 

発表自体は国体候補選手の咬合状態に関するもので、一般の人たちよりも歯並びが良い人が多いというものでした。

 

数年間はデータを採り続けて、ペーパーにできればと思っています。

2014.01.07

ポイント還元

朝日の記事から

歯科医院でもポイント還元 患者集め?規制に二の足

歯科医院で治療を受けると、商品券などと交換できるポイントがもらえるしくみが広がっている。国民の医療費が、治療とは直接関係ない患者集めに使われている可能性がある。患者にポイントを与えることで実質的な値引き競争につながり、全国で一律であるはずの医療の価格に差ができ、質の格差も生まれかねない。厚生労働省も、対策を慎重に検討している。

歯科ポイントのしくみは、東京都渋谷区の歯科コンサルタント会社が2006年から運営を始めた。同社によると、全国約6万9千ある歯科医院のうち、加盟しているのは約400。加盟医院で治療を受けた患者は、同社のウェブサイト上で治療や設備の満足度について6問のアンケートに答え、歯科医院の口コミを書き込むと、治療内容によって100円~1万円相当のポイントをもらえる。

ポイントの付け方は、歯科医院に任せられているため、患者の勧誘に活用できる。1回の治療で100ポイントをつける医院が多く、初診時や検診1回につき500ポイント、患者を紹介すると1千ポイントをもらえる医院もある。500ポイントたまると1ポイント1円として、商品券や電子マネーに交換できる。

「1万ポイント=1万3千円」などと、歯科医院は運営会社からポイントを事前に買い取る。または患者が口コミをした後、例えば100ポイントにつき300円を支払う方法もある。いずれも保険料や税金からなる診療報酬が使われているが、歯科医院は支払った金額を取り戻すために不必要な治療をして医療費の無駄につながる恐れが指摘されている。

ポイントを導入する歯科医院が増えているのは、歯科同士の競争が激化しているためだ。日本歯科医師会の瀬古口精良常務理事は「医療は非営利なので、(患者集めにつながるポイント制には)原則的には反対だが、時代の流れもあるので認めることも考えなければいけない」と話す。

厚労省の省令では、公的医療保険を扱う医療機関は「値引きなど経済的な利益を提供して患者を集めてはいけない」としている。同じ治療は、全国のどの保険医療機関でも同じ価格で提供するのが保険医療の原則で、患者集めは治療の質で競うべきだとされている。

厚労省は民主党政権だった12年秋、やはり公的医療保険でまかなわれる処方薬で患者が自己負担分を支払う場合、ポイント制があるクレジットカードの使用を禁止しようとしたが、政権交代で立ち消えになった。厚労省は「クレジット払いは1996年から認めていて定着しており、シャットアウトするのは難しい」(医療課)と説明する。そこで歯科ポイントも、値引きにつながる可能性はあるとしつつも、「すぐには判断できない」(同)と慎重な姿勢だ。(月舘彩子、関根慎一)

 

この記事は電子版から拾ってきました。会員登録していないと記事の一部しか読めません。記事の一部分だけでを読んで、「これを問題にするとクレジットカード払いも引っかかってくるよな」と思い、会員版の方まで開いてみました。やっぱり書いてありました。

 

私の歯科医院もクレジットカード払いを行っています。

矯正治療はそのほとんどが自費診療で、支払いが高額になることがあります。

現金で支払われる患者さんも多いですが、大金を持ち歩くことになります。

そのリスクを回避する手段として、銀行振り込み、クレジットカード払い、信販会社を通したクレジット払いを導入しています。

 

クレジットカード払いはあくまでも支払いの手段です。クレジットカード払いの場合、支払った額に対してポイントはつくでしょう。また、クレジットカード加盟店側(私の歯科医院)にも手数料は発生します。しかし、患者紹介や、来院に対してポイントが発生するものではありません。「いっしょにされるのもどうかなー」と思います。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 47